Chromebook半端ないって!! ASUSのChromebook「Flip C101PA」を買ってみた

仕事ではパソコンばかり使うので家でぐらいパソコンを使いたくなーい
なんて思いながらスマートフォンだけで15年ぐらい生きてきましたが
とうとう新しいパソコンを買ってしまいましたグラサン

しかも、OSはWindowsでもMacでもなく、Chromebookです
ASUSの3万円台で買えるモデル「Flip c101pa」を買ってみたので早速使ってみます


Chromebookって何?って人もいるかもしれません。
WindowsはMicrosoftが開発したOS、MacはAppleが開発したOSが入ったパソコンのことです。
ChromebookはGoogleが開発したOSが入ったパソコンのことです

アメリカでは教育用に導入したことでWindowsよりもシェアを占めているって話ですからね。
いつかは日本もChromebookがメインになる日が来るのではないでしょうか


最初に言っておきますが、Chromebookは使い心地が最高です

Chromebook半端ないって!ガーン




私の主なPCの用途は以下です。
そんなにヘビーユーザーではありません。
  • Webサイトの閲覧
  • ブログの編集
  • Excel、Word、パワポの編集
  • できれば動画編集


Chromebookの売りは主にこの4つです
  • PCのスペックが低くても動きがスムーズ
  • 起動やシャットダウンが早い
  • PCのスペックが低いので低価格
  • セキュリティ対策ソフトが不要

さらにWindowsのパソコンが高くなる理由としてはMicrosoftOfficeをインストールするためです。
ChromebookではGoogleのドキュメント、スプレッドシート、スライド、この3つのアプリを使ってWord、Excel、PowerPointが編集できます。
完全に互換性があるわけではないので細かいビジュアルはずれることがあるそうですが、そんなに細かく作らなければならないような作業は家ではしないので十分ですね。
旅行に行くときにちょっと計画立てたり、予算管理したりできれば十分です


Windowsだと安いノートパソコンでMicrosoftOfficeのインストールなしでこのぐらいの価格します。
安いぶんスペックも低いので、もっさりとした使用感や使用中に固まったり、起動とシャットダウンで待たされる時間にイライラしたり・・・


ということで、
しばらくWindowsにするかChromebookにするか悩みましたがChromebookを買ってみました

金曜日の朝にAmazonでポチッとしたら・・・
土曜日の朝には宅急便で届きました
さすがAmazon、はや〜い

届くとシンプルなデザインの箱に入っています。
IMG_0565.HEIC


箱を開けた中までロゴ入りで少しオシャレです
この時点でワクワクが最高潮に達しますチュー
IMG_0566.HEIC


本体は傷がつかないように布袋に入っています
IMG_0567.HEIC


外観はAmazonの商品写真で見てると安っぽい感じかな〜?と思っていましたが
実際に見ると、全く安っぽくありませんでした
ほぼMacと同じような素材感のボディーです

左上の付いている小さなChromeマークがちょっとお気に入りです
IMG_0568.HEIC


本体の下には付属品が入っています
IMG_0569.HEIC


その他の付属品は充電器と説明書、保証書の3つです。
充電器はtypecです。
IMG_0571.HEIC


ノートパソコンを開けるとモニターとキーボードの間にも布が挟んであります
IMG_0572.HEIC


一番気になっていたキーボードですが、日本語配置ですごく打ちやすいです
これが一番心配だったのでホッとしました。
IMG_0574.HEIC


タッチパッドもすごくスムーズで使いやすいです。
タッチパッドの操作感もまさにMacと似た感じです
IMG_0587.HEIC


外部媒体の接続はUSBポート、MicroSDカード、typec(充電用以外にもう1つ)の3つが用意されています。
IMG_0584.HEIC


無線のUSBマウスも使えました。
USBポートに挿すだけで特に設定なども不要です
IMG_0585.HEIC




Chromebookを起動すると1秒で「ようこそ画面」が表示されました
想像していたスピードより何倍も早いので、これまたビックリですびっくり
IMG_0575.HEIC


あとは普段からスマートフォンで使っているGoogleアカウントでログインすればセットアップ完了です
ブラウザのBookマークやメール設定などすべて引き継がれるので何も設定が入りませんびっくり

届いたら即使い始められるようなイメージです

もちろんAndroidスマートフォンでおなじみのGoogleが提供しているアプリは最初から入っています。
image.png


最初から入っていないアプリはスマートフォンと同様にAndroidのPlayストアーからダウンロード可能です
image.png



気になる本体容量ですが、c101paは一番安いモデルなので16GBとなっています。
アプリやダウンロードした画像などを保存するので少し足りない感じですよね。

1万円高くなりますが、下記モデルなら2倍の32GBになります。
モニターも10インチから11インチにアップするので本体サイズも少し大きくなります。


でも、2倍の32GBにしたとしても画像などを保存するには容量が足りませんよね

そこでMicroSDカードを保存先として使います。
私はSanDiskの64GBを購入しました。

64GBで1,500円ぐらいという格安です
一昔前では考えられない価格です・・・ガーン


MicroSDカードを保存先として使うためには以下の設定をしていきます。
設定内容はすごーく簡単なので安心してください。


まずは設定画面を開きます
image.png


設定画面の一番下に「詳細設定」を開くリンクがあるのでクリックします
image.png


開かれた詳細設定の中にダウンロードの設定があるので、その中から保存先の変更を選択します
image.png


あとは保存先としてMircoSDカードの中のフォルダを選択すれば設定完了です
image.png


最後になりますが、
実際にこのブログ記事を書くためにかなりキーボードとタッチパッドを使いましたが使い安いです。
重くて固まるということも今のところ全くありません。
そして何より起動とシャットダウンが数秒という速さで日常使いには最高です


もしパソコン購入を検討している人がいれば
一番安いモデルのc101paを試してみてはいかがでしょうか?






この記事へのコメント