フォレストアドベンチャー小田原に行って来ました

ずっと行きたかったフォレストアドベンチャーに行ってきました!
神奈川には小田原と箱根の2つがあります。
箱根のほうが上級者向けのようだったので、まずは小田原に行ってきましたグラサン

はじめて行くときに、予約、服装についてどうなのかなぁ~?って悩んだので、このあたりについてまとめておきます。






予約について
まずはじめに予約についてですが、予約なしで当日でも参加可能です。
但し開始前にみんなで集まって説明会みたいなものがあり定員20名ぐらいなので予約してから行ったほうが良いです。
予約せずに行くと定員オーバーで次の説明会まで待ちという感じになります。

ちなみに予約をキャンセルしてもキャンセル料などは発生しませんのでご安心を。
前日までであればWebから、当日は電話で予約が可能です。


服装について
1番ベストな格好は登山やハイキングの格好で、上は防水のウェア、下に長袖か半袖のTシャツ、ズボンは短パンの下にレギンスウェアを履きます。
スタッフの方はみんなこの格好をしています。

ブログなどを見ているとジーンズとか普通の格好でやっていますが、けっこう泥んこになるので汚れてもいい服を着たほうが気にせず楽しめます!
更衣室はあるので着替えをもっていけばOKです。


(モンベル)mont-bell ウインドブラスト パーカー


TESLA オールシーズン スポーツタイツ [UVカット・吸汗速乾]


春から秋にかけては半そで半ズボンでもOKです。
ずっと動き続けるのであまり寒くなることはないかと思います。木陰なので日に焼ける心配もありません。
膝をつくこともあるので半ズボンは短めよりハーフパンツか、七分丈ぐらいが良さそうです。


靴はスニーカーならなんでもいいですが、ロープを登ったり、山道を歩いたりするので登山用の靴が一番適しています。
柔らかすぎる靴(例えばナイキのフリー)はロープを上るときに足にロープが食い込んで痛いので硬めの靴を選んだほうが良いです。


Columbia セイバーミッドオムニテック

手荷物について
最後に手荷物ですが、ハーネスをつけるのでポケットには何も入れられません。
ウエストポーチを肩からかけるなど何かバッグを持っていく必要があります。

(アディダス) adidas ウエストポーチ


携帯だけならこんなのが邪魔にならなくて良いですね。

EOTW® ランナー ウェストポーチ



まずは車で駐車場に向かいます。
駐車場は隣接するわんぱく公園の第二駐車場です。
手前にある第一駐車場などでおじちゃんに奥は空いてないからココに停めなって言われますが、フォレストアドベンチャーなんでと言って第二駐車場まで行きましょう。
フォレストアドベンチャーには近いですが、わんぱく公園からは遠いので空いています。

駐車場に到着
DSC_0912.JPG

奥の方に旗が見えます
DSC_0913.JPG
DSC_0914.JPG

受付もありました。
DSC_0915.JPG

受付の奥に看板を発見
DSC_0920.JPG
コースの説明もありました。
DSC_0919.JPG

受付で誓約書を書いて料金を払います。
説明会開始の時間になるとハーネスを付けてもらえます。
DSC_0923.JPG

ハーネスを付けるとこんな感じ。
ポケットには何も入れられないのでウェストポーチなどに荷物は全て入れます。
DSC_0927.JPG

奥で説明を受けます
DSC_0929.JPG
DSC_0931.JPG

説明を受けたら一人ずつ練習をします。
DSC_0932.JPG
DSC_0934.JPG

説明が終わると順番にスタートします。
DSC_0937.JPG

★フォレストアドベンチャー小田原の動画はコチラ


基本的に高い木に登って難所を渡ります
DSC_0940.JPG

最後にロープを伝って対岸に渡ります。
この高さで、この長さのロープを渡るのはスリル満点です。
DSC_0947.JPG



GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 シルバーエディション アドベンチャー


ひぃ~、下から見ていると怖い(>_<)
DSC_0953.JPG

進むにつれ登る木が高くなっていきます
DSC_0957.JPG

こんなロープだけの橋もあったり
DSC_0979.JPG

また対岸に渡ります
DSC_0986.JPG

この橋は簡単そうに見えて意外と難しい
DSC_0994.JPG

あんな高い所に浮いた筒をくぐります
DSC_0995.JPG

DSC_0996.JPG

また対岸に渡ります
そろそろロープ滑りは慣れてきますね。
ただ、前に向いて滑るのにはテクニックが入ります。
パランスとれないと後ろ向きに
DSC_1012.JPG

DSC_1014.JPG

あんな高い木の上を移動してるのか~
DSC_1018.JPG

DSC_1019.JPG

この吊り輪みたいな橋と、その先のロープが1番体力を奪われました
DSC_1030.JPG

そしてカエルくんからの挑戦状
君は飛べるかな?ボクは飛べるよって書いてある
DSC_1051.JPG

そして小田原で1番の難所です。
高さ8メートルからのターザン
いざ飛ぶときにちょっとビビっちゃいました(笑)
迂回ルートもあるので大丈夫です。
DSC_1050.JPG

この隙間を飛ぶところ、かなり怖いです!
DSC_1052.JPG

さてさて、最後に1番長い108メートルのロープを滑ります
これで最後かと思うと寂しいですが、手はそろそろ限界を迎えそうです
DSC_1074.JPG

ゴールすると変な顔が待っています
DSC_1079.JPG



モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム1型 [1~2人用]

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック